沖縄名護市を思いきり楽しむ情報マガジンサイト

沖縄名護市を思いきり楽しむ情報マガジンサイト

沖縄名護市を楽しむ情報マガジン ナゴラブ

沖縄県内随一の展望スポット!
「名護城公園ビジターセンターSubaco」

2020.08.05
Pocket

許田サービスエリアから、海岸線を走り名護市街に入ってきたら、名護さくら祭り会場となっている名護城(ナングスク)公園に足を伸ばしてみませんか?

そこにある緑に囲まれたステキな施設、「名護城公園ビジターセンターSubaco」が休憩にも観光にもかなりオススメです。 カフェスペースやデジタル掲示板、物販コーナーを設けていて、この快適さを求めて、足しげく訪れるファンも多い場所です。名護市営市場からも車で5分、名護の良さをめいっぱい満喫できる絶好の癒しスポットです。

名護湾を一望できるパノラマビューを心ゆくまで

もともと老朽化していた展望台を改装して2015年にオープンしたsubaco。最大の魅力はこのグッドロケーション!大きなガラス窓からは名護の街と名護湾を見下ろすことができます。2階からの眺めは格別!ゆったり30席を用意されたフロアの一角には大きな本棚も。思わずうっとりするような画集や写真集など、選りすぐりの本がそろっているので、このステキな景色を眺めながら贅沢なスロータイムを過ごすのもいいですよね。

計算された空間は快適そのもの!

沖縄建築賞の最優秀賞を受賞した建物というsubaco。木造りならではのぬくもりにモダンさが同居したハイセンス空間で、入るやいなや感嘆の声をあげる人を何度も見たことが!

この吹き抜けも通気性を考慮した構造になっていて、とにかく居心地のよさはバツグンです。

Subaco特製ドリンクやスイーツも

店内ではコーヒーなどのドリンクもオーダー&飲食OK。通常のカフェとは違って持ち込みできるのもうれしいですね。写真は店特製のシロップを使ったソーダ(390円)。赤いのがハイビスカスを使ったILLY(イリ)、黄色いのがシークヮーサーとキビ砂糖を加えたKAJI(カジ)。このほか、名護の大南にある老舗の洋菓子店「ヤマカワ洋菓子店」の焼き菓子も販売しているので、おやつどきに立ち寄るのもおすすめです。

天然記念物や固有種もいる森についてその場で学べる

カフェを包み込みように広がる名護岳にはおよそ200種類以上あまりの植物が生息する豊かな森。ここだけの固有種や天然記念物もいるのだとか。公園内の生き物や植物について学べる映像モニターやパネル展示コーナーは大人も子どもも楽しめます。

自然を感じる雑貨が並ぶコーナーも

店内の1階にある物販コーナーも楽しい品ぞろえ。まつぼっくりなどを使ったリースや飾りなどsubacoらしいナチュラルな雑貨、作家さんの手掛けるアクセサリー類、イラストレーターによるアイテムたちは見ているだけで心がおどります。シャボン玉やビー玉など昔懐かしい玩具も100円以下で買えるので、童心に帰ってつい手に取ってしまいます。

名護の豊かな自然を体験できる「subaco」で、のんびり沖縄旅をさらにのんびり、心をゆるっとほぐしに来ませんか?

詳細情報

店名 名護城公園ビジターセンター Subaco
住所 沖縄県名護市名護5511
電話 0980-52-7434
営業時間 10:00~17:00(L.O.16:30)
定休日 無休
席数 テーブル20席 、カウンター6席、ベンチあり
駐車場 あり
アクセス 名護城公園内、名護市営市場から2.5km、許田ICから10km、那覇空港から75km
Pocket

最新の記事

LATEST ARTICLE

ナゴラブ
公式ページ

ナゴラブ
公式ツイート

ナゴラブ
公式インスタ

ナゴラブ
公式チャンネル