沖縄名護市を思いきり楽しむ情報マガジンサイト

沖縄名護市を思いきり楽しむ情報マガジンサイト

沖縄名護市を楽しむ情報マガジン ナゴラブ

とっておきの名護クラフトたちが彩る
「ナゴグローサリーストア」

2020.03.19
Pocket

名護市営市場の2階にある「ナゴグローサリーストア」は、ハイセンスな雑貨やクラフトがそろう名護でも数少ない雑貨店。名護をはじめ、やんばる作家さんたちの発信スポットにしたいという思いのもと、2015年にオープンしました。生活のなかにメイドイン名護の工芸品を取り入れてみませんか?

商品を引き立てる木のぬくもりあふれる店内

木材のとてもオシャレな店内は名護在住の建築デザイナー、LITTAI SPACE WORKSさんによるもの。古くから漁業や農業で使われていた竹製のかご、バーキなどをうまく取り入れたりと、手に取りやすいディスプレイでついつい手が伸びてしまいます。店内のカフェスペースに置かれた木製のテーブルなど、家具選びのヒントになりそうなアイテムにも注目です。

秀逸でリーズナブルな工芸品がずらり

ナゴグローサリーストアにはやちむん(焼物)、藍染め、木工、ガラスといったバラエティに富んだ工芸品がお互いの魅力を引き立て合いながら並んでいます。気になったアイテムをいくつか紹介しますね。

ナゴグローサリーストアの主力商品は何と言ってもやちむん!主にやんばるで活躍する作家さんの商品がずらりと並びます。一言でやちむんといっても渋め、かわいい、シンプルなものと選りどりみどり。毎日使いたくなるマカイ(お椀)だって800円もあれば買えちゃうのでコレクト欲をそそります。どれも生活シーンに取り入れやすいものばかりなのも好ポイントです。

琉球ガラスも平皿やタンブラー、花瓶など取りそろえていて、やちむん同様、日常使いにのものばかりです。写真は名護在住のガラス作家、glass32さんのタンブラー(2500円)。波打ち際みたいなゆらぎ具合がおしゃれ、花をいけてもよさそうですね。

沖縄の中でも藍染めの産地として知られる名護のお隣、本部町伊豆味。そこから派生して名護の山奥でも藍染めの木を育てるところから手掛ける作家さんのアトリエが。太陽の恵みを受けた琉球藍の鮮やかさはつい目をうばわれてしまいます。ストールやTシャツ類も一点づつ染め具合がちがうので、選ぶのも楽しいですよ。

名護生まれの選りすぐりの食品も

工芸品だけではなく、名護で作られた特産品が約200点ほどを取りそろえる充実ぶり。子どもから大人まで好まれるお菓子や手作りコンフィチュール、いつもの料理にプラスすることで食卓が華やぐ調味料などさまざまです。とにかく良質なものばかり、価格の幅も広いのでお店のスタッフに活用方法や味など相談するのもおすすめです。

ハブサブレセット(サブレ2枚、ドリップバッグ2個入り939円)ほか

名護市営市場からほど近い城(ぐすく)通りのすーじぐゎー(筋道)にあるコーヒー店 「DONABE-COFFEE」のサブレ。 ユニークなハブの形とサクサク食感がお茶請けとしてもうってつけで地元でもじわじわ話題に。大きなサブレはシークヮーサーがほのかに香るシークヮーサーココア味のみですが、テトラ形がかわいらしい小袋タイプ「こはぶちゃん」はカーブチ―ジンジャー、ゴーヤーシナモンと3種類がスタンバイ。

沖縄寒天(650円)

沖縄らしいマンゴー、パイナップル、パッションフルーツの3つのフレーバーを取りそろえる沖縄寒天。もちもち感のあるサイコロ状の寒天は一口サイズで上品なお味。個包装されているので乙女心をくすぐるバラマキみやげです。

ちょっとすごいコーヒー、飲んでいきませんか?

コーヒー(300円+税)

ナゴグローサリーストアの店内ではコーヒーや紅茶などの飲みものも注文できます。「ドンルイスさんのコーヒー」「ちょっとすごいコーヒー」などツウも唸るコーヒーが味わえますよ。テイクアウトもOK。

名護市営市場の2階にある魅惑の雑貨ワールド、ふらっと寄り道してみませんか?あなたの生活を彩るお気に入りとの出合いが待っているかもしれませんから。

詳細情報

店名 ナゴグローサリーストア
住所 沖縄県名護市城1-4-11 名護市営市場 2F
電話 0980-43-6910
営業時間 10:30~18:30
定休日 無休
駐車場 あり(市営市場駐車場利用)
アクセス 名護城公園から1km、名護市営市場内、許田ICから8.5km、那覇空港から71km
Pocket

最新の記事

LATEST ARTICLE

ナゴラブ
公式ページ

ナゴラブ
公式ツイート

ナゴラブ
公式インスタ

ナゴラブ
公式チャンネル