沖縄名護市を思いきり楽しむ情報マガジンサイト

沖縄名護市を思いきり楽しむ情報マガジンサイト

沖縄名護市を楽しむ情報マガジン ナゴラブ

ミシュラン麺職人プロデュースの沖縄そばは名護でしか味わえない逸品!
「島豆腐と、おそば。真打田中そば。」

2020.08.10
Pocket

伝統を守りながら、新しい沖縄そばを楽しんでほしいという想いから生まれた沖縄そばの専門店、「島豆腐と、おそば。真打田中そば(以下、田中そば)」。 沖縄そばじょーぐー(好き)の多い名護で、数ある名店にも引けを取らない話題の店です。

しんあじ? もとあじ? どんな味?

注文は入口の食券機で。伝統的な沖縄そばのスープを「元味(もとあじ)」、同じ具材を使いながら異なるダシの取り方で白湯スープに仕上げたという「真味(しんあじ)」の2種類。

トッピングの具材や、何をセットするかの組み合わせを選ぶことができます。

今回はオーダー率の高いという「田中そばと島豆めしセット」をチョイス!

やちむんが飾られたトキメキ空間

注文を受けてから茹でるので少なくとも15分程度は待ちます。待っている間、店の一角にあるやちむんのディスプレイにしばし、うっとり♪

大皿や花瓶、グラスなどが置かれ、まるでギャラリーのよう。

このやちむんは店主と縁深い陶工、宮城正幸さんによるもの。

お店で提供される沖縄そばも宮城さんがお店のために製作した特注品なのだとか。※やちむんは展示のみ

  

     田中そばオリジナルの沖縄そばが登場! まずはスープからいただきます!

田中そばオリジナルの沖縄そばが登場! まずはスープから!

かわいらしいやちむんのお椀で沖縄そばが登場です!

豚、鶏、カツオという伝統的な材料でひいたダシは、きれいな黄金色です。

きっと丹念にアクを取り、手間をかけて仕上げたのだとわかります。

口に入れるとさらに感動! カツオだしの香りたっぷりで贅沢なこと!

麺とおなじく透き通った麺は、まさに「つるつる」

スープ同様透き通ったきれいな麺は、小麦粉の味と食感が引き立つようにと、数日寝かせて熟成させた生麺を使っています。

ミシュランの星を取った麺職人、宮崎千尋さんが沖縄そば用に仕上げたという、おきなわでもここでしか味わえないです。

食感は喉をすーっと喉ごしのよいつるつる食感と、噛むごとに跳ね返ってくる弾力の両方を楽しむことができます。

沖縄そばならではの細さが、他の麺料理とも一線を画した喉ごしなんです。

これは沖縄そばツウと名乗る方には、ぜひ試してほしい。

あっさり上品なスープとうまく絡み合っていて、最後までアッという間に完食してしまいました。

もうひとつの名物メニュー、「島豆(しまとう)めし」

ここだけにしかない味と言えば「島豆めし」。

インパクトのある見た目の反面、この豆腐を口にした瞬間、おばあちゃんちで食べたような懐かしい味が!

味付けは?と聞くとソーキの煮汁という回答が。DNAに組み込まれている味わいでなんともほっこりしました。

さんぴん茶で炊き上げたお米も香りがよくて爽やかな味わい。じゅーしーとは違う魅力がありました。

狙い目時間はオープンまもない11時!

店内は板間の小上がり席、カウンター席、テーブル席があり、だいたい20席ほど。

お昼ごはん時ともなると入れ替わり立ち替わりで、お客さんがひっきりなしに来店します。

お昼の2時には売り切れてしまうこともあるので、なるべくオープンしてまもない11時台に来店するようにしましょう。

同じ材料でダシをとった「真味」はどんな味がするんだろう?

2名以上で行かれるときは両方オーダーして比べながら食べるものいいですね。

新しい沖縄そばとの出合いに満たされた一日でした。

/沖縄県名護市///Pあり(無料)/

詳細情報

店名 島豆腐と、おそば。真打田中そば。
住所 沖縄県名護市東江3-20-28
電話 090-1179-0826
営業時間 11:00~売り切れ次第終了
定休日 火曜、第1・3水曜
席数 テーブル8席、座敷10席、カウンター6席
駐車場 あり(無料)
Pocket

最新の記事

LATEST ARTICLE

ナゴラブ
公式ページ

ナゴラブ
公式ツイート

ナゴラブ
公式インスタ

ナゴラブ
公式チャンネル