沖縄名護市を思いきり楽しむ情報マガジンサイト

沖縄名護市を思いきり楽しむ情報マガジンサイト

沖縄名護市を楽しむ情報マガジン ナゴラブ

約200種類ものメニューがお出迎え!沖縄的ファミレス

2020.07.20
Pocket

沖縄自動車道の許田ICから国道58号を北に進むこと約5分、名護市に入るやいなや目を引く食堂が「名護曲レストラン」。沖縄美ら海水族館に向かうなら必ず通るロケーションにあります。立地の良さはもちろん、定番の沖縄料理からヒートゥといった名護ならではの珍味までそろい、まさに沖縄料理オンパレードの食事処。

沖縄料理ビギナーも、とにかくお腹がすいたハラペコさんもみんな寄っておいで! と言わんばかりのおもてなし精神で出迎えてくれます。

海岸沿いに建つカラフルな外観が目を引きます。名前の由来の名護曲(なぐまがい、なごまがいとも言う)は、まだ道路が舗装されない時代にあった、許田(きょだ)から東江(あがりえ)までおよそ8km続く曲がりくねった海岸沿道のこと。

今は走りやすく舗装されてなくなりましたが、険しくも美しい海岸だったそうですよ。

まるで民俗館!? 沖縄を感じるオブジェたちで飾られた店内

お店に入ると壁や棚、天井などに所狭しとディスプレイされた、沖縄らしい民芸品の数々。

名護では昔、イルカ漁がさかんだったこともあり、漁の様子をおさめた写真や、貝殻を使ったオブジェなどじっと見入ってしまうものばかり。

有名人やメディアに紹介記事もあり、長年愛されてきた歴史の面影があちこちにちりばめられています。

ここでしかお目にかかれないものもあり、ついつい写真をとってしまう絶好のフォトスポットです。

名護の特産品コーナーも設けられていて、食事の合間におみやげ選びできるのも好ポイントです。

定番からアレンジ料理まで目移りするような品ぞろえ

当店で特筆すべきは、そのメニューの種類の多さ。沖縄そばだけでも14種類あります! 

このほか、じゅーしー(沖縄風炊き込みご飯)料理、ウチナー定食、汁物定食といった郷土料理から寿司といった和食、洋食メニューと隙のないラインナップ。お店のイチオシメニューはこちら。

名護曲定食(1350円)

あれこれ食べたい沖縄料理ビギナーにピッタリの御膳もの。

右上から時計まわりに刺身の味噌和え、クーブイリチー(昆布の煮付け)、イナムドゥチ(白味噌の汁物)、ニガナの豆腐和え、ジューシー、ジーマミー豆腐(ピーナッツ風味の豆腐)、もずく酢、おから、中央はラフテー(豚の角煮)の九品。オーソゾックスな沖縄料理が小鉢でちょこちょこ味わえる、満足度の高い定食です。

トマトのソーキ煮(1200円)

定番の沖縄料理のほかに、おなじみの食材を使ったアレンジメニューも好評で、テレビの旅番組で紹介されるほど人気メニュー。 長時間かけてじっくり煮込んだソーキ(豚のあばら肉)は、箸でもほぐれ、軟骨まで味わえるほどの柔らかさ! ソーキをじっくり煮込んだトマト煮はさながらビストロの味。まさに「てぃーあんだー」(料理をするときに手間ひまをかける、手塩にかけるという作り手の思いのこもったという意味)を感じる一品です。

他店ではなかなか味わえないアヒル汁やヒートゥ(イルカ)料理、クセの強い山羊汁などの珍メニューがそろう店として、地元でも重宝されています。とくにヒートゥは沖縄の中でも名護、そのなかでも限られた店しか提供してないので、食べる価値のあるメニューだと断言できます!勇気をもってレアメニューに挑戦してみるのも楽しいですね。 にんにく炒めや、竜田揚げなどの色んな調理法で提供しています。

席数もテーブル、座敷、カウンター席がトータルで160席も設けられ、一人での利用はもちろん、団体客やファミリー客にももってこい。あらゆる客層にも支持される「沖縄風ファミレス」的な名護のグルメスポットなので、気ままに訪れてみて下さいね。

詳細情報

店名 名護曲レストラン
住所 沖縄県名護市世冨慶574
電話 0980-53-5498
定休日 無休
営業時間 11:00~21:00(L.O.)
駐車場 無料
席数 テーブル・座敷席160席
アクセス 名護城公園から2km、名護市営市場から2km、許田ICから6.5km、那覇空港から70km
Pocket

最新の記事

LATEST ARTICLE

ナゴラブ
公式ページ

ナゴラブ
公式ツイート

ナゴラブ
公式インスタ

ナゴラブ
公式チャンネル